医療業界のやりがいとは

患者と医療の架け橋になる医師の仕事

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

<医師>患者と医療の架け橋

<医師>患者と医療の架け橋

患者さんとの架け橋になる

医師のやりがいはやはり、患者さんと医療を結ぶ架け橋になるところです。医師の仕事は、単に病気の人を治す事と捉われがちですが、そうではありません。苦しい病気や怪我を治そうとする患者さんのお手伝いをするのが、本来の医師の役目です。患者さんにとって一番大切な事は、今、自分の体がどうなっているのかを理解する事です。考えられる原因や、薬は何を服用すれば良いのか、どんな手術法が必要なのか、ひとつひとつ丁寧に説明し、患者さんに理解して貰う事が必要です。これらの説明によって、患者さんは病気や怪我に対して正しい知識を持ち、自身が最も納得いく治療法を医師と一緒に選択する事ができます。
この様に、病気や怪我を治したいという、患者さんの前向きな意思を引き出しながら治療を進めていく事が医師の役割なのです。病魔と共に闘い、打ち勝った患者さんやその家族の笑顔を見る事が、医師の一番のやりがいとなるようです。

究極の人助けを目指す

医師の仕事は、人間の心身を救う特殊な仕事と言えましょう。癌になったらもう長く生きられないだろう、大怪我した両足で立つ事ができなくなるかも、子供が授からない身体かも、と医師を訪ねてくる患者さんは、様々な不安を抱えています。こうした患者さんに対して、医師はあらゆる医療技術を駆使して完治に向けて治療にあたります。
その結果、怪我が良くなった、病気が治ったという事実は、患者さんやその家族の人生を大きく左右する事になります。中には人生観が変わり、家族や友人を更に大切にする患者さんがいたり、諦めかけた命やこれからの人生を救って貰えたと、残りの人生を精一杯生きようとする方もいるのです。医師の仕事とは、究極の人助けといっても過言ではないようです。

命を預かるプレッシャー

医師の仕事はとてもやりがいがありますが、人間の命を預かるという責任が伴いますので、大きなプレッシャーと戦う仕事とも言えます。日々の診察ひとつでも、見落としが無いように常に気を張らなければいけません。一見、軽い胃炎のように見える症状でも、丁寧に診察する事で重大な病が発見される可能性もあります。
また、医師にとって誤診はかなり怖いものです。誤診は患者さんの人生を大きく変えてしまいますし、医師本人だけではなく、病院自体の信頼損失にも繋がり、大きな社会問題へと発展する可能性もあります。この様な事が起きないように、毎日最大限の注意を払いながら診察をしなくてはいけません。
更に、大きな手術は患者さんの生死に関わりますので、言葉にならないプレッシャーを感じる事もあります。患者さんやその家族を何とか助けたいと思う一方で、救いきれない命に苦しむ事もあります。こうしたプレッシャーの中で、医師は闘い続ける事を求められるのです。

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える