医療業界のやりがいとは

患者に安らぎを提供する看護師の仕事

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

<看護師>患者に安らぎを提供

<看護師>患者に安らぎを提供

看護師のやりがいとは

看護師の仕事は、ナイチンゲールの精神を受け継ぐ者として、どんな場所においても人間の生命を預かる仕事です。その為、大きなプレッシャーや緊張感が絶えず付きまとうといってもよいでしょう。しかし、時には患者さんから救われる事があり、共に悩み、考えることができます。そして、患者さんに良い結果が持たされる看護ができた時に、大きくやりがいを感じる看護師も多いのです。
また近年では、より専門知識を必要とされる専門看護師の資格を持つ看護師も増え、更なるスキルアップを目指す方も多くなってきました。この様に、社会への貢献や人への貢献ができる看護師の仕事は、自分自身の人間的成長にも繋がり、大変であってもやりがいを十分感じられる仕事なのです。

やすらぎの時間を提供する

看護師のやりがいは何と言っても、怪我や病気の患者さんが元気になる事に尽きます。しかし、患者さんの病気を治すのはあくまで患者さん本人なのです。いくら医師が最善の治療法をもって病気や怪我に挑んでも、その本人である患者さんに治す気がなければ意味がありません。看護師は、患者さんの痛みや苦しみ、悩みに寄り添いながら、患者さんが前向きに治療に向かえるようお手伝いをするのが役割です。辛い治療の中でも、患者さんが少しでもホッとできたり、気持ち良いと感じる看護を提供できた時もやりがいを感じる事ができます。
例えば、患者さんの身体を拭く時に、ただ全身を拭くのではなく、寝たきりで辛くなっている腰や背中は蒸しタオルを当ててあげると喜ばれます。時間はとられますが、気持ち良いと笑顔を見せてくれたり、感謝の言葉を貰うと非常に嬉しく感じ、それがやりがいとなるのです。看護師として病気に対する知識を深める事、上手に注射できる事などは、看護師に必須な事ではありますが、患者さんに寄り添う事が一番やりがいに繋がる事だと感じます。

看護師の厳しい現実

そうは言っても、医療の現場で働く看護師の仕事は、ハードワークだと理解しておきましょう。看護師の仕事を通してみると、やはり難しく辛い事の方が多くなります。看護師として歩き始めたばかりの頃は、スキルの未熟さや、命を預かるプレッシャーに押しつぶされてしまいそうになる時も多々あるはずです。また、病院勤務であれば夜勤があったり、日々時間に追われる仕事に疲れてしまう事もあります。
しかし、毎日がハードワークであるからこそ、小さな喜びもやりがいに繋げられるのです。辛い仕事でも、社会貢献できる自分やスキルアップした自分をより強く感じられるのが看護師の仕事と言えましょう。

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える