医療業界のやりがいとは

やりがいがある仕事が増える医療業界の今

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

医療業界の今

医療業界の今

医療機関の現状

まず、病院などの医療機関の現状ですが、最近は医療法が変わった事や公的医療機関の経営破たんが原因となり、医師の確保や増加の為の見直しが求められています。それに伴い、看護師の環境は更に厳しくなっていて、医療整備のために今まで以上に医師のニーズは高まっています。しかし、医師は全国的に不足しているという現実があります。
また、最近は高齢化社会に対応する動きも多くなり、訪問看護や訪問診療をするクリニックが増加したり、医薬品業界での監修や、アドバイザー的な役割を行う人材のニーズが増えているのが現状です。そして、病院で治療を行う従来のものから、さらに高度で専門的な知識を必要とする医療の需要が高まっています。それに伴い、看護師の仕事もより高度な知識技術、専門性を求められる事となり、医師と看護師は従来より、より高い専門性を求められています。そこにやりがいを持ち、スキルアップの為の専門知識を勉強し始めている医師や看護師の方が増えてきました。またその分、活躍の幅を広められる事にもなり、これからの医療従事者は、勤務先を広く選べるようになる可能性があります。

医薬品業界の現状

現在の日本人の疾病での死亡率は、1981年から癌が1位を占め、年々上昇傾向にあります。また、高血圧患者などの薬剤ニーズは満たされてる一方で、癌や、アルツハイマーへのニーズはまだ低く、このようなアンメットメディカルニーズへの対応が求められていますが、新薬開発にかかる膨大な費用が課題として残されています。
また、2010年問題とされた新薬特許の期間満了に伴い、新しい医薬品、ジェネリック医薬品が登場しました。これは、特許期間満了後に世に出る医薬品であり、新薬と同じ効能と成分であるにも関わらず、安価で販売することができるのです。これにより、比較的安く患者さんに薬を提供できるようになりましたが、保険制度に違いがある日本でのシェア率は、20.2%に留まっているのが現状なのです。この様な問題を日本の製薬会社は抱えていますが、高齢化問題に伴った更なる医薬品研究や新薬開発、認可取得と販売にやりがいを感じるMRも少なくないのです。

免責事項

当サイトに掲載する第三者のウェブサイトの内容は、それぞれ各者の責任で管理されるものであり、当サイトの管理下ではありません。ウェブサイトは、それぞれのウェブサイトに掲げる利用条件に従ってご利用下さい。当サイトは、ウェブサイトの内容について、また、それらをご利用になったことにより生じた如何なる損害についても責任を負いません。ウェブサイトについては、あくまでも利用者の皆様の便宜を図るためのものであり、リンク先のウェブサイトの内容などについては、当サイトとして保障するものではありません。当サイトで掲載されている情報の正確さには万全を期していますが、利用者の皆様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負うものではありません。当サイトは、利用者の皆様がアクセスした為に被った損害、損失に対していかなる場合でも一切の責任を負うものではありません。なお、当サイトは、予告なしに内容を変更又は削除する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
なお、当サイトへのお問い合わせはiryo_yarigai★yahoo.co.jpまでお願いいたします(★を@に変えて送信ください)。

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える