医療業界のやりがいとは

薬の最先端を担うCRCの仕事

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

<CRC>薬の最先端を担う

<CRC>薬の最先端を担う

CRCとは

CRC(clinical research coordinator)は一般的に治験コーディネーターと呼ばれ、治験実施施設で治験責任医師、又は治験分担医師の指示のもとにおいて、治験の進行をお手伝いする専門職です。CRCとして仕事をする場合は、SMO(治験施設支援機関)に所属するCRCとして医療機関へ派遣される場合と、医療機関へ看護師や薬剤師、臨床検査技師として所属し、CRC業務を行う2つのパターンがあります。特にSMOではCRCが未経験の看護師や薬剤師、臨床検査技師の方を積極的に採用しています。しかし、CRCの仕事内容などを知る方は少なく、医療従事者であってもあまり知られていないのが現状です。

CRCのやりがいとは

治験は新薬の販売や開発には欠かすことができない大切な過程です。治験をクリアしなければ、薬は世に出る事はできません。ですので、CRCの仕事である治験の成果がとても重要なポイントとなります。治験が成功するか否かは、CRCの采配にかかっているといっても過言ではありません。
治験業界におけるCRCの仕事はハードワークだと言われています。何故なら、治験に関わる全ての事に気を向け、治験が成功する為に様々な配慮をしなくてはいけません。医師と製薬会社が連携を深め、治験がスムーズに行われているかを毎日チェックをする必要があります。また、治験を受ける患者さん、つまり被験者との関係も重要となります。
治験を行う際は、CRCから被験者に治験の説明をします。治験の必要性や安全性について被験者に分かりやすく説明し、治験に同意の有無を貰います。この様に、CRCは、被験者からの信用を得られなければ治験合意に達する事が難しくなります。治験のプロセスにおいてCRCの役割は重要であり、なくてはならない存在です。それゆえに、やりがいを感じながら仕事ができるのです。

新薬の登場

治験が成功すれば、厚生労働省の認可が下され、市場に新薬として販売する事ができます。適切に病気を治せる薬がない為に、辛い日々を送られていた患者さんは新薬の登場によって症状を治すことができるのです。また、副作用が抑えられた新薬が登場することにより、今まで辛い副作用に悩まされた患者さんや、服用できなかった患者さんに新たな希望を与える事もできます。
治験業界は常に薬の最先端を担いますので、大きなやりがいをもって働くことができます。CRCとして日々、新薬の開発に情熱を注いでいく事は楽な事ではありません。しかし、自分が携わった治験によって、患者さんの笑顔が増えるとなると、これ以上のやりがいはありませんし、現在はそのやりがいを求めて、CRCへ転職を考える方も増えているのです。

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える