医療業界のやりがいとは

病院スタッフを専門知識で支援するSRの仕事とやりがい

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

<SR>病院スタッフを専門知識で支援

<SR>病院スタッフを専門知識で支援

SRの仕事とは

医療機器営業を医療業界ではSRと呼びます。このSRは、医療関係者に対して、最先端の医療機器の特徴や使用方法などの情報提供を行う仕事です。高度な学術専門知識や高い倫理観を医療機器メーカーの代表として求められます。医療機器の使用方法についてのデモンストレーションや手術立ち会い、又は看護師や栄養士に使用方法をサポートをする事もあります。
SRの仕事は大きく2つの業務に分類することができ、まず一つ目として、医療機器は、その効果を十分に発揮させる為に使用方法が分からないといけません。その為、SRは医療機器の正しい使用方法を教えたり、実際の臨床現場でのサポートまで一貫して行うのです。二つ目は、営業活動です。医療機器と言っても、1個数十円の採血管などの消耗品から、超音波診断装置のような数千万円以上の大型医療機器まで、取り扱いは様々です。大型の医療機器に関しては細かい部分まで情報収集し、医療機器商社と情報交換を取りながら商談を進めます。消耗品に関しては他の競合品から切り替えの為の情報提供を行います。この様に、医療機器の販売から使用方法のサポートまでを行う、マルチな営業活動がSRの仕事となるのです。

医療機器業界の将来性

医療機器業界は元々不況に強く、不況にあまり左右されない業界とも言われてきました。実際に、ここ数年で起きた経済不況においても、売上が驚異的に下がる企業も無く、これからは日本だけではなく、世界的な成長が見込まれています。現在の日本は少子高齢化によって、先進国の中では飛び抜けて高齢化が進んでいます。その為、国内需要もさらに伸びることが予想されておりますし、他の先進国を中心として世界的にも高齢化は避けては通れない状況です。この様な状況下で、医療機器業界は更に伸びることが確実視されています。
国内、国外メーカーとの競争は厳しくなっていくと考えられますが、それを元に、業界全体が切磋琢磨して成長出来れば、患者さんにとっても良い製品が提供される事になりますし、更にやりがいを持って営業活動をしていけるのではないでしょうか。現在、未経験者の採用に積極的な企業が増えていますので、SRに転職を考えている方には良い時期と言えるはずです。

SRのやりがい

上記にもあるように、SRの仕事は単に医療機器販売だけの仕事ではありません。実際の臨床現場で、医療機器の正しい使い方をサポートするSRは、医療チームの一員として患者さんの治療のお手伝いができる仕事と言っても良いでしょう。その際に、自分が手がけた医用機器により元気になっていく患者さんがいると、他の医療従事者と同様、喜びややりがいを感じる事ができるのです。
また、特定分野の機器を担当する事で、その領域の深い専門性を身に付ける事もでき、大規模病院があるエリアで営業活動ができる為、自分で考案した独創的な営業活動をすることもできます。更に、不況に強い医療機器業界は、年収アップも見込めます。このような事がやりがいとなり、日々そのやりがいを感じながらSRの仕事をする事ができるのです。

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える