医療業界のやりがいとは

たくさんの笑顔がやりがいとなる福祉の仕事

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

福祉の仕事

福祉の仕事の記事一覧

<介護福祉士>利用者とその家族も支える 16.01.14

<介護福祉士>利用者とその家族も支える

介護の仕事は正直、大変な仕事です。しかし、これからの超高齢化社会には介護福祉士の存在は大変必要とされる事は間違いありません。仕事は大変ですが、そこには日々やりがいを感じる事ができるでしょう。高齢者である利用者さんは、認知症を患う方も多い為、会話が成立しなかったり意味もなく怒られたりする事もあります。しかし、一見意思の疎通ができないと思いがちな高齢者の方でも、きちんと接する事で、たどたどしくしくあっても感謝してくれることもあるのです。READ MORE

<社会福祉士>多くの人からの感謝 16.01.18

<社会福祉士>多くの人からの感謝

社会福祉士は、高齢者や障害を持つ社会的弱者から何らかの理由で生活が困窮する方たちまで、その生活を支える事が仕事となります。生活に困窮する方たちに直接面談し、社会保障を提案して生活を支える為、直接感謝の言葉頂く事も多々ありそれがやりがいとなっているようです。また、自立も視野に入れた支援により、これから先の人生に希望を持ってくれる相談者がいた際は、この仕事をやっていて本当に良かったと思えるようです。最近は不正に社会保障を利用する方も多い為、相談者ときちんと向かい合う事も求められます。READ MORE

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア 16.05.03

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

精神障害は、福祉といってもイメージとしてあまり良いものではないと感じる方も多いと思います。確かに昔は精神障害がある方は、隔離や収容といったイメージをつけられる事が多かったのは確かです。しかし、現社会は高ストレス社会ともいわれ、繊細でデリケートな心を持つ方が、精神障害を背負ってしまう事が多いのです。その為、現職で精神保健福祉士を仕事にする方や、これから精神保健福祉士を目指す学生も、一般的なイメージに惑わされることなく、逆にその繊細さにこの仕事の意味ややりがいを強く感じていると言います。READ MORE

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える