医療業界のやりがいとは

社会復帰を目指したケアをする精神保健福祉士の仕事とやりがい

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

社会復帰を目指したサポート

精神保健福祉士とは、精神保健福祉士法に基づいて1997年に制定された国家資格の専門職です。精神に障害を持つ方たちの社会復帰に向けて、様々な相談を受けたり指導や助言などを行う仕事であり、精神科ソーシャルワーカーとも呼ばれています。
心療内科や精神科などの医療機関や、生活訓練施設などでチームの一員として働く精神保健福祉士が多いですが、職場によって業務形態はそれぞれ異なります。しかし、その全てに共通する目的は、精神障害者の方の社会復帰です。その方たちがスムーズに社会生活を送れるよう、医療専門家と連携してメンタル相談を行う他、様々な病院外の専門機関と連携しながら解決に取り組むなど、相談者とは長いスパンで関わっていくことになります。
医療職とは違って、医師や看護師のような治療そのものを行うことはありません。治療中から退院後まで相談援助を行う精神保健福祉士の立場として、医療と社会生活の橋渡し役を行っています。現代は、高ストレス社会といわれており、医療保健から福祉にまたがる領域を、総じてフォローできる精神保健福祉士の役割はとても重要であります。現在の求人はそう多くはありませんが、将来性が期待される専門職のひとつとして注目を集めています。

精神保健福祉士の魅力

一つ目には、社会的貢献度が高い部分が挙げられます。精神障害者が自立し、仕事をする為にはいくつもの壁があります。精神保健福祉士は、その様な困難に満ちた社会問題を考察しながら福祉援助を行う専門職である為、社会に対する役割は大きく、やりがいを持ってできる仕事です。
二つ目に、精神保健福祉士は国家資格となり、高ストレス社会において重要な役割を担う職業とされている点です。今後は更なるニーズが高まることが予想されています。また、人の心と深く向き合う仕事ですので、確かに大変な部分ありますが、支援活動を通し人の心に寄り添う事で相手の感情や気持ちを察する力を養えますし、人の心の奥深さを学べる貴重な仕事と言えます。

精神的な満足度

精神障害福祉は、福祉分野の中で比較的マイナーな領域に位置しています。一般的に福祉と聞けば、高齢者や障害者福祉を先に思い浮かべるのではないでしょうか。精神障害に関しては、よく分からないものとして扱われる事が多いのです。
実際に大学で精神障害福祉を学ぶ若者たちは、実習で精神障害の方に直接出会うことで、精神保健福祉士を目指すきっかけになるのだそうです。想像していた精神障害とは全く違う事実があったり、繊細でデリケートであるが為に障害を持ってしまった方たちと接する事で、精神保健福祉士の必要性を見出すようです。また、実際に現職で働く精神保健福祉士の方は、患者さんの穏やかで笑顔が増えていく表情の変化を目の当たりにする事がやりがいになり、この仕事に就いた事を誇りに思う方も多いのです。

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える