医療業界のやりがいとは

多くの人から感謝される社会福祉士の仕事

新着<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア

人気カテゴリ

記事一覧

<社会福祉士>多くの人からの感謝

<社会福祉士>多くの人からの感謝

社会福祉士のやりがいとは

現在、社会福祉士になろうかと迷っている方も多いのではないでしょうか。もし社会福祉士にやりがいが無ければ、単に大変な仕事になってしまうかも、などと迷う必要はありません。社会福祉士の仕事は一般的に想像するよりもやりがいがある仕事で、感謝される事が多い仕事でもあります。高齢者や身体の障害、それ以外にも様々な理由で生活に困っている方々の悩みを親身になって聞いてあげ、最善の方法を見つけていくお手伝いをするのが社会福祉士の仕事です。生活が困窮し、これからの人生に不安を感じていたり、絶望感を抱く方達に、生活できる環境を提案したり、自立していけるように支援することが役割となります。相談者さんと直に接する社会福祉士ですので、相談者さんから感謝の言葉を貰う事もやりがいになりますし、相談者が多ければ多いほどやりがいも多くなります。

達成感を得られる仕事

よく、社会福祉士はゴールが無い仕事と言われます。確かに、個々の相談者さんの人生を左右する仕事なので、長期の継続した関わりが必要です。近年では、不正に社会保障を利用しようとする方もいて、その見極めは難しいとされています。しかし、本当に援助が必要な方に、援助が出来るようにするには、不正を見極めるための確かな目も必要とされます。
本当に援助を必要とする方が援助を受け、その相談者さんが希望を見出し、より良い生き方が見つかった時には、言葉にできない程の嬉しさや達成感を味わえる事ができるのです。その為にも、ひとつひとつの案件をしっかりと考え、社会制度をきちんと提案できる社会福祉士になる事が大切であり、それが自身のやりがいにも繋がります。

更なるキャリアアップを目指す

社会福祉士の仕事は、物作りや何かを販売する仕事と異なり、常に人を相手にする仕事です。しかも障害者や高齢者など、社会的弱者に多く関わる仕事でもありますので、一番困っている時に手を差し伸べる存在として、相談者さんから感謝されることの多い仕事です。その様な相談者さんの感謝の言葉は、社会福祉士として社会貢献する方を奮い立たせてくれるでしょう。
また、社会福祉士の中には、豊富な経験と実績から、専門学校や大学の教授に招かれたり、国の機関に特別採用される事も少なくありません。更には、国際機関への派遣事業に参加するなど、本人の努力次第では年齢に関係なく、キャリアアップできる仕事でもあるのです。

おすすめ記事

<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<SR>病院スタッフを専門知識で支援
<医師>患者と医療の架け橋
<医師>患者と医療の架け橋

人気情報

<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<精神保健福祉士>社会復帰を目指したケア
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<社会福祉士>多くの人からの感謝
<介護福祉士>利用者とその家族も支える
<介護福祉士>利用者とその家族も支える